自分でショッピング枠現金化をすることもできますが、注意が必要です。

ショッピング枠現金化は自分でできる?

自分でショピング枠現金化をすることを考える人

 

ショッピング枠の現金化に興味を持った人は、自分で換金をすることを考えてしまうものです。
金券やブランド品を購入してショップに売れば、自分だけでショッピング枠を現金化出来ます。
業者を通さない分、換金率が高めになるのは大きなメリットでしょう。

そんな誰でも簡単に出来るショッピング枠の現金化ですが、意外な落とし穴もあります。

むしろ、そういう落とし穴があるからこそ専門の現金化業者が成り立つと言っても良いでしょう。
どのような落とし穴があるのか、それを回避するための方法は何なのか、じっくり紹介していきます。

 

自分で現金化するメリット

冒頭でも触れましたが、業者を通さずに自分で現金化をすると高い換金率になります。
少しでも多く現金が欲しいなら自分でやる方が良いでしょう。

 

時には、10万で買った商品が11万で売れることもあります。
このように現金が業者を通すよりも少し高くなる可能性があるのがメリットです。
逆に言うと、自分で行うメリットはこれしか無いとも言えます。
そのため、デメリットもしっかりと認識した上で自分で行うかを検討するようにしてください。

 

自分で行うデメリット

ショッピング枠現金化を自分で行うデメリット

 

メリットよりもデメリットの方が多いので入念に確認して行きましょう。

 

まず、自分で現金化をしようとした際に失敗するケースがあるのがデメリットです。
10万円で購入した商品が、買い取り不可になってしまうと最悪でしょう。
買取店に同じ商品の在庫が多ければ買取金額は下がってしまいます。
10万の商品が8万で買い取ってもらえるなら良いですが、これが5万程度にまで下がれば目も当てられません。

 

他には、換金率の高い商品を継続的に購入しているとクレジットカード会社から目を付けられる恐れがあります。
警告で済めば良いですが、最悪の状況だと利用停止にされてしまうかもしれないのです。
換金率の高い金券やブランド物を買う場合はくれぐれも注意してください。

 

自分で購入して売る手間がかかるのもデメリットになるでしょう。
時間に余裕があれば別ですが、そうでなければ大きな負担になります。
より高く買い取って貰えるお店を探し始めたら、1日が終わってしまうほど時間を浪費します。

 

こうしたデメリットを良く理解した上で、どうするか決めるようにしましょう。
少しでも現金が欲しい時に損をしてしまうのは絶対に避けなければなりません。

 

1度は業者を頼ってみる

ショッピング枠現金化方法判断のポイント

 

自分で行う前に1度はショッピング枠現金化の業者を利用してみるのが良いです。
仮に自分でブランド物を購入してショップに売ったとしても、業者と自分のどちらが効率的か判断する材料になります。
片方だけ利用していると視野が広がらないので、1度はショッピング枠現金化を行う業者を頼ってみてください。

 

 

ちなみに、買った商品が高く売れるケースは稀です。
新品であっても買取価格は下がってしまうので忘れないようにしましょう。