ネット型の業者を使ってショッピング枠現金化を行う場合、カードと本人確認が必要です。

売却時に必要なもの

ショッピング枠の現金化を行うのに必要なものがあります。
それは身分証明書や各種サイトやアプリのアカウントです。
自分で売却するにしても、現金化を行う業者を利用するにしても、必ず必要になるので覚えておいてください。

 

商品を売るだけなのに、なぜ身分証明書が必要になるのか不思議に思うかもしれません。
その疑問について詳しく説明して行きたいと思います。
また、年齢制限があるのも重要なので詳細を見て行きましょう。

 

身分証明書が必要になる

ショッピング枠現金化時に必要な身分証

 

金券ショップやリサイクルショップへ商品を売る場合、必ず身分証明書を要求されます。
これは誰から商品を買い取ったのかを記録しておく必要があるからです。
古物営業法という法律が関係しており、1万円を超える場合は必ず住所や氏名、年齢を確認するようになっています。

 

法律で決まっていることなので、もし身分証明書を要求して来ないお店があれば怪しんだ方が良いです。
不当に安く買い叩かれている恐れがあるので注意しましょう。

 

ちなみに、身分証明書を提出する理由は他にもあります。
それは盗難品や偽物を売却されてしまうのを規制することです。
しばしばニュースで取り上げられていますが、万引きした商品をリサイクルショップへ売りに来る人がいます。
そうした犯罪を抑制し、不正が発覚した際に追及しやすいようにするのです。
身分証明書を要求されたら応じるようにしてください。

 

顔写真が付いているものが良いので、運転免許書やマイナンバーカードを作成しておきましょう。

 

メルカリやヤフオクのアカウント

商品を売るためのスマホアプリアカウント

 

スマホやインターネットを利用して商品を売り、ショッピング枠を現金化する方法があります。
この時に必要なのは各サービスのアカウントです。
アカウントは無料で作ることが出来ますが、商品の売買や売上を振り込む際には本人確認が必要なのです。
本人確認の方法は様々ですが、基本的には身分証明を行うのと同じ精度の認証を行います。

 

メルカリなどを利用して商品を売るつもりなのであれば、事前にアカウントを作成しておくとスムーズでしょう。
むしろ売れやすい商品などをリサーチしておくと意外な高値が付くかもしれません。

 

金券ショップは18歳未満の利用がNG

ここで言う18歳未満とは、高校生までを意味しています。
つまり18歳になっていても高校を卒業していなければ買取を行ってもらえないのです。
金券ショップは闇組織が悪用するケースがあるため、厳重な規制があると覚えておきましょう。

 

卒業証明書の提出や親の同意書が求められることもあります。
ただし、金額が1万円未満であれば深い追及は受けないかもしれません。

 

もし、18歳の時点で売りたい物があるなら、卒業証明書や親の同意書を用意しておくと良いです。
実店舗で売却するよりも、利用規約違反にならない範囲でメルカリ等を利用するのもありでしょう。