未成年でもクレジットカードさえ持っていれば、ショッピング枠現金化を利用できます。

ショッピング枠現金化は未成年でもできるのか?

ショッピング枠現金化を考える未成年

 

現金が必要なのは大人だけに限った話ではありません。
時には未成年の身であっても現金が必要になることはあるでしょう。
友人同士の付き合いやどうしても購入したいもの、あるいは生活費が足りないケースもあり得ます。

 

ここで、疑問となるのが未成年でもショッピング枠の現金化が利用できるかどうかです。
20歳未満でもショッピング枠の現金化を利用出来るのか、法律に違反していないのかを紹介したいと思います。

 

未成年でもショッピング枠現金化は可能

未成年にもできるショッピング枠現金化

 

クレジットカードさえ持っていれば未成年であってもショッピング枠現金化を利用して問題ありません。
当然、法律にも違反していないので必要以上に不安がることは無いでしょう。

 

高校を卒業して上京している人だと、日々の生活費や学費が足りなくなることはあります。
他にも、友人の結婚式など現金が欲しいタイミングはいくらでも発生します。
そんな時に家族にお金を借りられれば良いですが、なかなか難しい人も居るでしょう。
ショッピング枠の現金化であれば簡単に現金を入手出来ますし、返済はカード会社なので危険もありません。
消費者金融に借金するのはハードルが高いですし、ましてや闇金に手を出すリスクを考えれば何百倍も安全です。

 

繰り返しになりますが、クレジットカードさえ持っていれば未成年でもショッピング枠現金化を利用出来ます。
ただし、現金化業者によっては未成年の利用をお断りしていることもあるのです。
未成年でも利用出来るかどうかは、事前に業者へ確認しておくと良いでしょう。

 

未成年がクレジットカードを作る方法

原則18歳未満は作成できないクレジットカード

 

クレジットカードは原則として18歳以上で無ければ作成出来ません。
これは法律で決められていることなので、こっそり作るという方法は通用しないでしょう。
海外留学などでクレジットカードが必要だと申し出れば、特例として認められるケースもあるようです。
とは言え、かなり稀なケースなので一般的には18歳未満はクレジットカードを作れないと考えて良いです。

 

ちなみに、高校を卒業するまでは18歳であってもクレジットカードは作成できません。
大学や専門学校、就職して社会人になるまではカードを持つことは難しいのです。

 

では、18歳以上であれば無条件にクレジットカードを作成出来るかというと、そうではありません。
18歳と19歳の内は、親の同意が無ければ作成出来ないようになっています。
これも法律で定められたことなので親に内緒で作成するのは不可能でしょう。
書類や年齢を偽ると警察に捕まるので絶対にしないでください。

 

まとめると、高校を卒業した18歳以上で親の同意を得られればクレジットカードを作成出来ます。
日々の買い物やいざという時のショッピング枠現金化のためにも、なるべく早く作っておくと便利でしょう。
クレジットカードを持っていれば基本はショッピング枠現金化の利用は可能なのです。