ヘッダー背景
女性イラスト

少額の金欠ならば隙間時間を使った日雇いバイトでカバー!求人サイトでの探し方

急な出費が発生したら、お金を借りる前にまず"日雇いバイト"などの堅実な資金繰りを検討しましょう。初めての日雇いバイトを前に、覚えておきたい「探し方」「探すポイント」をご紹介いたします。

金欠は日雇いバイトでカバーする

“副業解禁”という世の中の流れを受けて、職業選択における自由度が以前にも増して高まりを見せています。
とはいえ、副業と言っても何を目的とすれば良いのかという問題に突き当たるものです。

 

ならば趣味に使うお小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか。
その第一歩としてる「日雇いバイト」がオススメです。
日雇いバイトならばクラウドソーシングより圧倒的に挑戦しやすく、バイトの募集自体も様々な手段で見つけることができます。

 

探す際には“求人サイト”の活用がオススメ

求人サイトで日雇いバイトを検索

 

日雇いバイトを探すならばる「求人サイト」の活用がオススメです。
以前はフリーペーパーが主流でしたが、現代は各社インターネットの求人サイトで日雇いバイトに特化した求人を掲載しています。

 

特に「shotworks」「キャストポータル」などの短期バイトに特化した求人サイトはオススメです。
「エンバイト」「マイナビバイト」などの大手求人サイトでも短期バイトのカテゴリが用意されています。
各社のサイトを比較して目的に沿ったサービスを活用しましょう。

 

バイトを選ぶ際のポイント

求人サイト選びと同様に、日雇いバイトを探す際に注目すべきポイントを理解しておくことも大切です。
人によって注目ポイントは異なりますが、基準が分からない場合は以下の“3点”を重点的に確認しましょう。

 

勤務地

日雇いバイトは毎回勤務地が異なります。
自分が無理なく行ける範囲で働けるかどうかしっかり確認しましょう。
また日雇いバイトには「交通費が支給されない(もしくは時給に含まれている)」という可能性もあります。
交通費の兼ね合いはしっかりと確認して募集する必要があるということを忘れてはいけません。

 

仕事内容

長期雇用の場合と同様、日雇いバイトも仕事内容は様々です。
主に「軽作業」「イベントスタッフ」「試食・デモ販売」「サンプリング」「引っ越し補助」などがあります。
時には文字からは想像できないような仕事を任される場合も少なくありません。

 

特に“軽作業”は多くの人が勘違いしやすい仕事です。
「軽いものを運搬する仕事だと思っていたら、20kgを超えるチラシの束を運んで往復する羽目になった…」と後悔することのないよう、仕事内容はキッチリ確認しましょう。

 

給与の支払い方法

給与の額と同様に、給与の支払い方法も重要です。
多くの場合は「その場で手渡し」もしくは「一週間前後で銀行口座に振り込み」です。
即日受け取れると期待して現場に行ったら一週間後の支払いだったという緊急事態に陥らないように、しっかりと事前に確認しておきましょう。

 

隙間時間にできる無理のない資金調達方法

無理のない資金調達の計画

 

日雇いバイトは安全性が高く即時性のある資金調達方法です。
副業解禁時代と言われています。
少額の金欠ならば、無理に消費者金融を利用せずに堅実に日雇いバイトで繋ぐという手段も、覚えておきたい資金調達方法なのではないでしょうか。