ショッピング枠現金化のコスト面を考えると、ネット業者に依頼する方法がおすすめです。

ショッピング枠現金化にかかるコスト

ショッピング枠現金化にかかるコスト

 

生活費や友達の結婚式など、急に現金が欲しくなるタイミングはあります。
しかし借金するのには抵抗感がありますし、気軽に誰かから借りるのも難しいでしょう。
そのような時に考えたいのが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。

 

早ければ10分も掛からず現金が手に入りますし、カード会社への返済なので脅迫などの心配もありません。
そんな便利で役立つ現金化ですが、利用する方法によって、かかるコストが異なります。
ショッピング枠現金化にどれだけのコストが掛かるのか、方法ごとに見ていきたいと思います。

 

自分で行う場合のコスト

売れる商品を探して購入し、それをショップで売る方法があります。
この方法のメリットは業者を通さないため換金率がアップすることでしょう。
換金率は90%から95%を期待出来ますが、場合によっては50%以下になるかもしれません。

 

一見するとメリットしかないように感じますが、実は隠れたコストがたくさんあるのです。
まずは商品を探して売る時間のコストが挙げられます。
忙しい時に商品を探して歩き回り、売る場所を探して彷徨うのは大きな負担になるでしょう。
さらに言ってしまうと、希望通りの金額で商品を売れるかどうかも分かりません。
10万円で購入した商品が5万円でしか売れない恐れもあるのです。

 

逆に、10万円で購入したものが12万円で売れるようなケースも稀にあります。
自分で行うのはハイリスクハイリターンだと覚えておいてください。

 

店舗型の現金化コスト

次はブランド品や金券を、駅前の店舗で売る場合のコストについて見て行きましょう。
店舗という実態があるので悪質な業者の確率はかなり下がります。
悪評が広まって引っ越しするにしても相応のコストが発生するため、店舗がある業者はある程度良心的だと見て良いです。

 

ただし、現金化のコストを見て行くと喜ばしい点だけではないことが分かります。
店舗があるということは、家賃という余計なコストが業者側に発生しているのです。
人件費や電気代などの固定費も発生するので、現金化の際の手数料が自然とあがってしまいます。
そのため店舗型の換金率は75%から85%程度になるでしょう。
指定の商品を自分で購入して売りに行くことが多いため、時間もかかることがデメリットです。
最寄りの駅だと知人に見られてしまう心配があるので、遠出する人も少なくありません。

 

ネットで現金化を行うコスト

ネットでできるショッピング枠現金化

 

現金化のコスト面を考えるとネットを利用するのが一番おすすめです。
店舗を持っていないので家賃などの固定費を安く抑えることができ、その分手数料が安くて済みます。
換金率は80%から90%になっており、スマホで申し込むだけという手間の少なさもメリットでしょう。

 

全国どこからでも利用可能ですし、時間帯もさほど気にしなくて良いです。
時間的なコストも10分ぐらいで済むので、現金化はネットで申し込むのが最適です。