ショッピング枠現金化では、短時間で手っ取り早く現金を入手できます。

消費者金融とショッピング枠現金化の違い

消費者金融とショッピング枠現金化の違いとは?

 

ショッピング枠を現金化する方法は非常に簡単です。
セルフでやるにしても、現金化業者を利用するにしても、注意していれば問題ないでしょう。
ちょっとお金に困っている時に現金化出来るのは、日々を生活して行く上で強い味方になります。

 

そんなショッピング枠現金化ですが、ざっくり言ってしまえばお金を借りるのと同じです。
そうであるなら消費者金融から借金しているのと変わらないように感じてしまうかもしれません。
似たような両者でも、実は様々な点で違っている点があるのです。
ここでは消費者金融とショッピング枠の現金化の違いについて紹介したいと思います。

 

クレヒスに借金の履歴が残る

クレジットヒストリーを略してクレヒスと呼びます。
このクレヒスは、金融機関が信用度を調べる時に利用するものです。
クレジットカードで買い物をした時、消費者金融からお金を借りた時、ローンを組んだ時にクレヒスへ登録されます。
いくらお金を借りたのか、遅延なく返済しているかがすべて分かってしまうのです。

 

そのため、頻繁に借金している人や返済が滞っている人は要注意人物としてマークされ、徐々に借金がしづらい状況になるのです。
なるべくなら消費者金融からお金は借りない方が、きれいなクレヒスを維持出来るでしょう。
ちなみに、クレジットカードの買い物もクレヒスに登録されますが、こちらはほぼ問題になりません。
新幹線の回数券や換金目的のブランド物を何度も購入していると目を付けられますが、一般的な買い物であれば大丈夫です。
クレヒスをきれいに保つのであれば、消費者金融よりもショッピング枠現金化の方が有効なのです。

 

審査に時間が掛かる

審査に時間のかかる消費者金融

 

消費者金融は返済能力があるかをチェックするための審査があります。
現在の職業が何なのか、どれだけのお金を稼いでいるかを確認するために収入証明書の提示が求められるでしょう。
何も問題なければ数時間で審査が終わるとアピールしていますが、実際はそんなに早く終わりません。
不足している資料や追加で書類提出を指示され、気付いたら数日も経過していることがあります。
手間も時間もかかって、審査が通らず1円も貸して貰えないケースも存在しているのです。

 

一方でショッピング枠現金化は面倒な審査が一切不要となります。
本人名義のクレジットカードさえ持っていれば大丈夫で、確認は5分から10分程度で済みます。
急ぎで現金が必要な時は、ショッピング枠現金化の方が利便性が高いでしょう。

 

店舗へ出向く手間

消費者金融とショッピング枠現金化の大きな違いとして、店舗へ行く手間が挙げられます。
ショッピング枠現金化はスマホから申し込みが可能で、現金の振り込みまで完了するのです。

 

ですが、消費者金融で借金する場合は実際の店舗へ出向かなければなりません。
営業時間があるのでタイミングが合わなければ翌日になりますし、いざ出向いても番号が呼ばれるまで待たされてしまいます。

 

面倒な手続きが無く、少しでも早く現金が欲しい時はショッピング枠の現金化を検討してみてください。
消費者金融を利用するのも良いですが、クレヒスに傷が付くことだけは覚えておきましょう。