ショッピング枠現金化でお金を作る!サービスの概要をご紹介いたします。

今月足りない…を乗り切る方法

お金が足りなくて困っている女性

 

「ついつい買い過ぎちゃった」
「脱毛エステに行ったらお金が無くなった!」
「このバックどうしても欲しい…」
などなど、女性は何かとお金が掛かってしまうものですよね。

 

当サイトでは、クレジットカードを使って出来る“現金を作る方法”についてご紹介していきたいと思います。

 

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、読んで字のごとく購入した商品の代金を一時立て替え払い(クレジット払い)するためのカードです。
お金を持ち歩かなくても買い物が出来る上、ネット上の買い物もクレジットカードで完結しまうので、今では持っていない方の方が珍しいのではないでしょうか。
このように、非常に便利な“クレジットカード”ですが、当然無尽蔵に使えるわけではありません。

  • その人の年収や職業(「属性」と呼ばれることもあります。)
  • 月々の利用金額
  • きちんと返済をしているか

等によって、利用出来る額は変わってきます。
これを「限度額」といい、利用する上では欠かせない数字となります。

 

キャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードには「キャッシング枠」と呼ばれるものと、「ショッピング枠」と呼ばれる限度額がそれぞれ設定されています。
キャッシングとは、そのクレジットカード会社からお金を借りるということを意味し、枠とは「借りれる額の上限」と考えていただいて差し支えありません。

 

ショッピング枠とは文字通り買い物に使えるお金の上限であり、例えば枠が50万円合った場合ですと、50万円までが買い物に使えるということになります。

 

キャッシング枠から無くなる

「お金がない!」となったとき、多くの女性は“キャッシング枠”から利用するかと思います。
多くのクレジットカードではATMのような機器(キャッシュディスペンサー等)を主要駅やお店に備えておりますので、銀行からお金を引き出す感覚で使えるためです。
さらに、1か月以内に返済すれば金利が掛からない等の特典が付いているクレジットカードも多く、給料が入るまでのつなぎとして利用する女性が多いのです。

 

ただし、キャッシング枠はショッピング枠よりも小さい額で設定されている点には注意しなければなりません。

 

例えば、限度額が50万円と設定してある場合ですと、キャッシング枠は良くても20万円程度です。
そのため、キャッシングを優先して利用した場合は「キャッシング枠が無くなり、ショッピング枠が残っている」という状況が生まれます。

 

【例】
限度額50万円のカードでキャッシング枠20万円を使い切ってしまった。
⇒キャッシングは返済まで使えず、ショッピング枠の残り30万円だけが使える。

 

 

ショッピング枠現金化とは

カードのショッピング枠を使うイメージ

 

ショッピング枠現金化とは、文字通り前述した「ショッピング枠」を「現金に替える」という方法です。

 

内容は至ってシンプルで、ショッピング枠で物を買う⇒売るたったこれだけです。

 

「え?簡単じゃん…」と思った方…甘いです!
実は、ショッピング枠現金化には大きなリスクがあり、やり方を間違えると大きな損害を受けてしまう可能性があります。

 

 

ショッピング枠現金化のリスク

“物を買って転売する”という行為が、なぜ危険を伴うのでしょうか。
これはクレジットカード会社がこれらの一連の行為を禁止しているためです。

 

具体的にこの行為を「現金化行為」と呼び、入会時の規約ではっきりと禁止を謳っています。
クレジットカードで物を購入したとき、一時的ではありますが、クレジットカード会社はその代金を立て替えています。
現金化を目的とした買い物の場合、商品が高額であることから、債務不履行(代金が支払えない)に陥ってしまう可能性が高く、クレジットカード会社は非常に高いリスクを抱えることになるのです。

 

そのためクレジットカード会社は現金化行為を一切禁止しており、判明した場合には「退会処分」「利用停止」等の厳しい措置を講じています。

 

ショッピング枠現金化はその特性上、金利計算すると闇金融を上回るのではないか?運営組織が怪しいのではないか?と様々な噂があります。
安心安全に現金化サービスを使うための注意点を把握しておきましょう。

 

ショッピング枠現金化の方法

上記の理由から、ショッピング枠現金化はクレジットカード会社にバレない方法にて行う必要があります。
まず、大きく分類すると

  • セルフ(自分)で行う方法
  • 業者に依頼する方法

があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

具体的な方法について簡単にご紹介いたしますので、是非チェックしてみてください。

 

セルフで行う方法

ショッピング枠現金化を自分でするには?

 

自分でショッピング枠現金化を行う場合、もっとも重要になるのが「購入する商品」です。
なぜならば、クレジットカード会社は購入した商品の内容までをチェックしており、怪しい商品を購入し続けると“現金化行為をしている”とみなされる恐れがあるからです。

特に換金率が高い「商品券」「新幹線回数券」「ブランド品」等を換金する場合にはくれぐれも注意するようにしましょう。

なお、業者を挟まないので「換金率が高い」という利点がみられます。

 

 

業者に依頼する方法

駅前や電話ボックス(今はもう見かけませんが)で、「ショッピング枠を現金化します!」という看板やチラシを目にしたことはありませんか?
実はショッピング枠現金化を専門に行うビジネスは古くからあり、現在でも多くの専門業者が存在しています。

 

具体的には、残ったショッピング枠で商品を購入し「その商品をその場で買い取る」又は「キャッシュバック」として85%前後の金銭を渡す方法です。

 

主要の駅には多くの店舗が見られたショッピング現金化ですが、現在ではその多くがインターネットへと移り“店舗にて対面取引を行う”ということはほぼ見られなくなりました。
ネットでは様々な業者が広告を出している上に公式ホームページも数多く存在しておりますので、自身に合った条件の業者を是非探してみてはいかがでしょうか。

 

 

「美人財布」では、最低限知っておきたいピンチ時に使えるクレジットカード活用術を今後もご紹介してまいりたいと思います。
今後も是非チェックしてください!